SEAKONG

サーフィン初心者の方&初めてのボードに後悔した方必見!
絶対に後悔しないサーフボードの選び方

”サーフボード”には長さや形の違うものがたくさんあります。でも“最初のボード”選びを間違ってしまったら、せっかくのテンションも下がり、海に足を向けるのも億劫になってしまいます。

でも“サーフボード”のことをちょっと知って、今の自分に最適なサーフボードを手に入れれば、休日が待ちきれなくなるでしょう。

そんな皆様に向けて“後悔しないサーフボードの選び方”をご説明させていただきたいと思います。



サーフボードの種類について

サーフボード種類は長さの違いだけではない!


長さについて

初めての方の場合、「長さ」を目安にボードを選ぶことは一つの基準になりますが、それ以外の要素もサーフボードの性質に大きな影響を与えるので、「失敗しないボード選び」のためには決して無視することはできません。

まず一般的にサーフボードは長さの違いによって呼び名が変わります。

  1. ~6'11ft:ショートボード
  2. 7'0ft~8'11ft:ミッドレングス、ファンボード
  3. 9'0ft以上:ロングボード
    ※明確な基準なありませんが、だいたいこんな感じで区別されています

サーフボードは長くて、重くて、大きいボードのほうが簡単に立つことができます。やる気と体力に応じて選ぶことはできますが、周囲の環境(よく行く海のコンディションや混雑度)やご自身の気持ちも重要です。

波がそれほど良くなくても海に行ってのんびりと波乗りを楽しむのなら圧倒的にロングボードがおすすめです。


幅について

持ち運びを考えればサーフボードの幅は狭いほうがいいのはもちろんですが、幅が広いボードは幅が狭いボードに比べて安定感がまさり、たくさんの波に乗れることは言うまでもありません。シーコングでは男性なら23インチ(58.4cm)以上、女性には22.75インチ(57.8cm)以上をおすすめしています。


重量について

幅と同様に軽いほうが持ち運びが楽ですが、軽いボードは風や波の表面の影響を受けやすく、ボードのスピードを出すのが難しいのでボードが安定せず、立ったり、コントロールすることが難しくなります。もちろん重すぎる必要はありません。シーコングでは7.5~9.0kgくらいをおすすめしています。


ロッカー(ボード全体の反り)について

特殊な状況では波に合わせてボードのロッカーが必要ですが、強すぎるとやはりボードのスピードが出にくいのでロッカーが抑えめのボードをおすすめしています。


アウトライン(全体の形)について

ノーズ(ボードの先端から1フィート(30.54cm)の位置)が尖っていたり、テール(ボードの後端から1フィートの位置)が細く絞り込まれていると、パドリング時やテイクオフ後のボードの安定性を損ないます。シーコングではボードの一番幅広い部分がボードの長さの中心にあり、ノーズ幅が19インチ(48.3cm)、テール幅が16インチ(40.6cm)以上のボードをおすすめしています。

その他にもボトム(接水面)の形状、レールの形状などにより性質は変わりますが、同じ条件であれば、長さが長いほうが波に乗るのは簡単で、短いほうが浮力が小さくなるので波に乗るのは難しくなります。


フィンについて

そして、あとひとつ重要なポイントは“フィンの数”です。

多くの方がサーフィンといえば思い浮かぶのは大きな波で派手な動きをするショートボードのイメージでしょうがそれらのボードには3つのフィンが付いています。

大きな波でボードを自由自在にコントロールし、時には空中に飛び出したりするためにサーフボードはまるでF1マシンのようにハイテクノロジーのもとに進化しています。
そのために多くの方は「フィンが3つ」あるボードのほうが乗りやすい、コントロールしやすいと思っています。

しかし、今の時点で皆さんに必要なのはハワイの大波用のボードでも、空中でパフォーマンスするためのボードではありません。

まずはたくさんの波に乗って、“波乗り”の楽しさを満喫し、そして上達するための一歩を踏み出すことです。

ショートボードのように動かしたいならショートボードに乗る。ロングボードに乗るなら「シングルフィンの方が格好いい」というのは世界共通です!




サーフボード選びで初心者にありがちな失敗

どうして失敗してしまうのか?初心者の方にありがちな失敗の原因

初めてのボードをお探しさている方の多くは同じ様なことをおっしゃいます。

  1. 「最初はどんなボードが自分に向いているかわからないから、とりあえず安いボードを買って、上達したら自分にあったボードに買い換えようと思う」

    と、考えてボードを選ぶ方が多いのですが、現実的に「安くていいもの」というのはなかなか存在しません。
    ほとんどの低価格ボードはボリュームと重量が不十分で、長さは9フィート以上でも形状的にもロングボードというよりはショートボードに近いものも多々あります。
    サーフィンは波に乗ってなんぼです。経験者に比べ波に乗るのが難しい方は、技量を補うボードを選ばなければなりません。かと言って、高いものをおすすめするわけではありません。
    ご予算は変えずに、中古でもいいので「乗りやすいボード」「たくさんの波に乗れる」ことを重視してお選びください。

  2. 「ロングボードは大きくて初心者の自分にはコントルが大変そうだから、小さめで軽量なボードを探している」

    という理由でボードを選んでしまうと技量を補う浮力と安定感が足りなくなります。
    小さければ小さいほど、軽ければ軽いほど、乗るのが難しく、たくさんの波に乗れません。
    ロングボードの一番のメリットは「大きいからたくさんの波に簡単に乗れること。だから楽しい」のです。大きい、重いはむしろロングボードだけが持っている最大の特徴です。


  3. 「車に入るサイズでボードを探している」「持ち運びが楽なボードを探している」

    ②同様で、このような視点でサーフボードをご購入された場合、「失敗した」と気づいていただければいいのですが、「波に乗れない」、「上達しない」と思いながらだんだんと海から遠ざかっていく方が多いでしょう。

このような視点でサーフボードをご購入された場合、「失敗した」と気づいていただければいいのですが、「波に乗れない」、「上達しない」と思いながらだんだんと海から遠ざかっていく方が多いでしょう。




サーフィンカルチャーとサーフボード【コラム】

みなさんがサーフィンに求めることは何でしょう?

「オリンピックに出場したい」という方がいらっしゃるかもしれませんが、そのような方はほんの極わずかでしょう。
ほとんどの方は「海が好きだから」、「気持ちよさそうだから」、「面白そうだから」と理由だと思います。

それでも多くの方はコンテストに出場するわけでもないのにボードを上手く操ろうとすることに執着します。

でもサーフィンの醍醐味は波に乗ることです。

波に乗れれば楽しく、気持ちがいいものです。特に上手く操らなくてもバランスを取って長く波に乗り続ければ最高です。

ロングボードの聖地カリフォルニアでは「サーフィン」の価値観とはサーフボードに上手く乗ることだけではありません。
海辺を散歩したり、自宅にサーフボードを飾ったり、その種の音楽を聞いたりすることすべてがサーフィンライフと言う考えです。

特に彼らが重視しているのはサーフィンの隆盛期であった1960年代の生活スタイルを取り入れることです。

多くの若者がベトナム戦争に行かなければならなくなった時代の直前の楽しさに満ち溢れた平和な時代へのノスタルジーが根本にあるのです。
だから誰かと競ったり、誰よりも上手く乗ろうなどということはどうでもいいと捉えています。

「海に行って楽しもうよ。それがいちばん大切なこと」と思っているのです。

当時のサーフボードをこよなく愛しているため、新しい素材やテクノロジーには興味を向けません。
むしろお祖父さんのガレージから持ち出してきた古くて“乗りにくそうな”サーフボードに乗っている方が格好いいと考えています。

だからもカリフォルニアでは年齢性別に関係なくロングボードが基本で、フィンの数は1本(シングルフィン)が当たり前です。

そしてシングルフィンのロングボードの最大の魅力は誰でも簡単に波に乗れることです。

これからサーフィンを始める方も、すでにサーフィンしている方もシングルフィンロングボードでサーフィンライフを楽しみましょう!




サーフボード選びのポイント

①ご予算

サーフボードの価格はピンキリです。低価格なものには粗悪品もありますが、幸い高いからといって乗り易いとも限りません。
中古ボードもたくさんあるので、無理しないご予算の範囲を超えずに、体重に見合ったたくさん波に乗れることを重視したボードをお選びください。

中古ボードの在庫はこちら

②サーフボードのサイズ

◆体重別おすすめの長さ
体重 長さ
~ 44kg 8'5ft ~ 9'2ft
45kg ~ 54kg 9'1ft ~ 9'4ft
55kg ~ 64kg 9'2ft ~ 9'6ft
65kg ~ 72kg 9'4ft ~ 9'8ft
73kg ~ 79kg 9'6ft ~ 9'10ft
80kg ~ 89kg 9'8ft ~ 10'0ft
90kg ~ 99kg 9'10ft~ 10'2ft
100kg~ 10'0ft~

(簡単に波の乗れるためのボードの長さの目安です)



◆おすすめの幅

なぜボード幅は大事なのか?
持ち運びを考えればサーフボードの幅は狭いほうがいいのはもちろんですが、幅が広いボードは幅が狭いボードに比べて安定感がまさり、たくさんの波に乗れることは言うまでもありません。
シーコングでは男性なら23インチ(58.4cm)以上、女性には22.75インチ(57.8cm)以上をおすすめしています。

男性の場合、23インチ(58.4cm)以上!
女性の場合、22.75インチ(57.8cm)以上!


◆おすすめの重量

なぜ重量は大事なのか?
幅と同様に軽いほうが持ち運びが楽ですが、軽いボードは風や波の表面の影響を受けやすく、ボードのスピードを出すのが難しいのでボードが安定せず、立ったり、コントロールすることが難しくなります。
もちろん重すぎる必要はありません。シーコングでは7.5~9.0kgくらいをおすすめしています。

約7.5~9.0kg(ワックスを塗らず、フィン、リーシュを取り付けない状態)


◆ロッカー(ボード全体の反り)

ロッカーの重要性
特殊な状況では波に合わせてボードのロッカーが必要ですが、強すぎるとやはりボードのスピードが出にくいのでロッカーが抑えめのボードをおすすめしています。

全体的にロッカーが抑えめのボード


◆アウトライン(全体の形)

ノーズから1フィート(30.54cm)の位置の幅、19インチ(48.3cm)以上
テールから1フィート(30.54cm)の位置の幅、16インチ(40.6cm)以上


黒いボードは宇宙一テイクオフが速いシングルフィンの『デューイウェーバーのパフォーマーモデル』。
赤いボードはハイパフォーマンスタイプのシングルスタビライザー仕様の『ハーバーのダイヤモンドテールモデル』です。
ボードの幅が大きく違うことがわかります。この差はテイクオフ時に絶対的な差を生み出します。


◆フィンの数

シングルフィンで決まりです。




【絶対に後悔しない“テッパン”サーフボード】とおすすめの人

クリーム『ファットキャット』
ファットキャット

とにかくこの『ファットキャット』があれば、どんなコンディションでも休日を思う存分に楽しむことができます。
ボードの幅は23.25インチ以上あり、テイクオフに必要な安定感とスピードを簡単に得られます。

コンセプトは「誰でも簡単にロングボードの楽しみを満喫できるボード」として天才ロビンキーガルが創り出しました。
デザインとクォリティも人気の理由で、万が一手放すときも非常に高く売れるボードです。

ファットキャットの在庫はこちら

天才ロビンキーガルとは»

ロビンキーガルは1983年カリフォルニア出身で現在世界最高峰といわれるシェーパーであり、サーファーとしてもロングボードの世界を代表する存在です。

ロビンキーガルは16歳の頃よりシェープを始め、21歳の頃にパーソナルブランド「Crème」を始めました。
その後、コンセプトブランド「ガトヘロイ」を立ち上げ2つのブランドを主催しています。

「Crème」では伝統的なカリフォルニアスタイルのボードを、「ガトヘロイ」では1960年代後半に興ったショートボードレボリューション直前のロングボードを当時に遡りチューンナップをしたボードを作っています。

1967年当時、ロングボードは急速に進化していましたが当時のビッグブランドの勝手な理由によりその進化を絶たれ、1969年にいきなりショートボードの時代が幕を開けたのです。つまりロングボードが進化していった先にショートボードがあったのではなく、それらは連続性を持ってつなぎ合わされていなかったのです。

ロビンはそこに着目し、当時のロングボードが進化を続けミッドレングスの時代につながる、つまり“トランジション”を自ら成し遂げようとしているのです。
そのようなコンセプトを持ったシェーパーは他にいないので、彼の作るボードはまったく理解を得られないこともあります。しかし現在の「パフォーマンスピッグ」「グライダー」「スピードシェープ」の流行を見れば、彼が誰よりもそこに着目し、何年も前にその流行を創り出していたことは明らかです。

ユーザー目線というよりは自分のコンセプトに基づいたボードを作るので決してイージーなボードではありませんが、サーフィンが好きなサーファーを次のステージに引き上げてくれる魔法のボードです。またボードのシェープだけではなくボードのカラーデザインにおいてもそれだけで現実作品と呼べるような色彩感覚を発揮します。

一方的に話しまくり周囲にストレスを与え、ボードのサイズには敏感でも人の人数さえ数えることができず、世の中の常識を理解できず、誇大妄想と被害妄想に苛まれているところはまさに天才の片鱗とも言えるでしょう。


デューイウェーバー『スタイリスト』
スタイリスト

体重を気にしたり、パドルが苦手と感じる方はこの『スタイリスト』に乗れば驚愕するはずです。
世の中にこんなに簡単にテイクオフできるボードはありません。人生観が変わるほど誰よりも沖から波をキャッチできます。

1967年に作られたサーフボード史上の傑作ボードは今もその人気は衰えることはありません。

スタイリストの在庫はこちら
中古ボード
中古ボード

最初のボードを買うには勇気が必要です。シーコングには毎週50本の中古ボードが入荷します。

選びのコツは「ご予算を変えずに、しっかりと根気よく欲しいボードが売りに出されるのを待つことです。妥協は禁物です。
あくまでも自分の体格に見合ったボードを探してください。

そうすれば経験はなくてもたくさんの波に乗って楽しめ、上達も約束されます」

中古ボードの在庫はこちら


まとめ

いかがでしょうか?

後悔しないボード選びのためには、まずはサーフボードのことを少し知ることです。
そして、自分に必要な性能をしっかりと把握することです。

楽しいサーフィンライフがあなたを待っています!




Copyright ©1998-2019 SEAKONG,ALL Rights Reserved.